痛いときは麻酔もできる

標準

レーザー脱毛をする際には、フラッシュ脱毛に比べて痛みが強いと言われています。そのため効果としてはレーザーを選びたくても、痛みは怖いのでフラッシュを選んでしまう人もいるでしょう。しかしながら、レーザー脱毛する際の痛みは麻酔によって抑えることができるのです。クリニックに足を運びカウンセリングを受けた際に確認してみると良いでしょう。レーザー脱毛を行う際の麻酔はスプレーのように吹きかけるものから、ジェルのようなものまた、事前にお肌に張っておくタイプの麻酔などがあります。

さらに近年では冷たい風やガスなどをお肌に噴射しながら、レーザーを当てることができるマシンも増えてきました。そのためこれまでは痛みがネックになり、レーザー脱毛を受ける勇気がなかった人も思い切って一歩を踏み出すことができます。クリニックによって麻酔が別料金になっていることもあれば、セット料金に含まれていることもあります。このような部分は気になるクリニックのホームページなどを確認してみると良いでしょう。

特に痛みを強く感じてしまう部位等に関しては基本的に麻酔をすることが多いので、極端な痛みに怯える必要はありません。前述の通り麻酔といっても全身麻酔のようなものではなく、リスクを最小限に抑え、部分的に痛みを麻痺させてくれる安全性の高いものとなっています。